時計の正しい取り扱い方|ハリーウィンストンの時計を購入したいと思ったら時計について知ろう

時計はどう取り扱うべき?

ハリーウィンストンなどの時計はスマホなどと同じような精密機械です。液晶がついているわけではありませんし、色々な機能がついているわけではないので、ついつい雑に扱ってしまいがちですが、落下させたり水没させたりしてしまうと故障してしまうこともあります。時計の正しい扱い方を予め把握しておきましょう。

時計の正しい取り扱い方

時計を付ける人

時計は使わないと劣化する

時計を長く使いたいからといって着用せずに保管したままにしていると、時計に入っている機械用の油が固まってしまいます。油が固まってしまうことでそれぞれのパーツの摩擦が強くなってしまい、最終的に故障してしまうわけです。時計を複数所有している場合毎日使うのは不可能かと思うので、使わない時計はワインディングマシンに保管するなどして対策していきましょう。

磁気に近づけるのは避けよう

電子レンジは磁気をまとい、強い電波を発生させる機械です。そういった機械に時計を近づけるのは控えるようにしましょう。磁気は時計の動きに悪影響を与えてしまうので出来るだけ近づけないようにする必要があるのです。

湿気も避ける

電子レンジ意外にもテレビやスピーカーのそばに時計をおくのは避けましょう。テレビやスピーカーからは電磁波が出ているのでそれらが時計に悪影響を与えてしまいます。また、湿気の多いところも避けるようにしましょう。防水機能がついていないものはもちろん、防水機能がついているものでも長期間多湿のところに置いておくと影響が出てきてしまいます。

飲み物に注意

水ならまだしも、コーヒーや炭酸飲料などは精密機械の時計にとって天敵のようなものです。これらの飲み物には鉄分が含まれています。鉄分は金属を錆びさせてしまうためいくら上質な金属を使用した時計といえども劣化してしまいます。鉄分だけでなく、糖分も劣化の原因となるので気をつけましょう。万が一、こぼしてしまったときはすぐに修理に出すようにしましょう。

できるだけ衝撃を与えないように

精密機械である時計に衝撃を与えてしまうのは絶対に避けましょう。落下させたりしてしまうとパネルや本体に傷がついてしまいますし、外側だけでなく内部の細かな部分に影響が出てしまう場合もあります。