指によって意味が異なる|ハリーウィンストンの時計を購入したいと思ったら時計について知ろう

指輪をつけるときはそれぞれの指がもつ意味を理解しておこう

指によって意味が異なる

アクセサリー

親指につける場合

指輪はつける指によって意味が異なるってくると言われています。それぞれの指がどういった意味を持っているのか見ていきましょう。
左手の親指「目標を実現したり夢を叶えるためにつける」
右手の親指「リーダーシップや権威と手に入れたいときにつける」

人差し指につける場合

次に人差し指につける場合についてみていきましょう。
左手の人差し指「行動力をアップさせたいときにつける」
右手の人差し指「集中力をアップさせたいときにつける」

小指につける場合

小指につける場合についてみていきましょう。
左手の小指「チャンスを引き寄せたり恋愛運をアップさせたいときにつける」
右手の小指「自分の魅力を発揮したいときにつける」
小指につける指輪はピンキーリングと呼ばれ、幸せを運んでくると言われています。

指輪に関する疑問・質問

指輪はずっとつけていてもいいの?

接着剤を使用しているものは接着剤の効果が弱まってしまう恐れがあるため、水を使用する家事を行なうときやお風呂に入るときは出来るだけ外しておいた方がいいようです。

どうやって手入れしたらいいの?

汗やホコリは大事な指輪を劣化させる原因になります。そのためには定期的に手入れをする必要が出てきます。指輪を手入れするときは柔らかい布を使用してできるだけ力を入れずに拭き取るようにしましょう。